| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

うるせえそんなこと知るか


BL好きです
女の身体情報はほんとうに開示されるべきなのか
2

 

 

先行も一般もことごとく外れた刀ステのチケットをツイッターで探しているけども、やはり難しいっぽい。あれ当たる人前世でどれだけ徳を積んだろうなあ。ゾンビみたいにオタ垢を徘徊し審神者たちに譲渡や同行をお願いしていると、こんなツイートを見かけた。

 

 

 

 

 

無知。男の「生理」に対する無知だ。

しかし、「女の身体に対する無知」それ自体が問題じゃない。例えば出産の痛みなんかは「鼻からスイカ」と言われるが、そこまで男側にも情報が共有されていながら無痛出産の実施は選択肢の一つとして普及していない。(調べたところによると産婦人科がある病院や診療所が全国に約4,500か所のうち無痛出産を実施している施設は全国で196か所しかないらしい。一方でフランスやイギリス、アメリカなどでは無痛出産の割合は8割を超える。)問題は「無知」なんかではなく「女性蔑視」なのは明白で、たとえ男側がどんなに女性の身体に無知であろうと、女性に対する対等な人間としての尊重があれば、この様な問題は発生しないのである。

 

震災時の生理用品の不足問題にも男側の無知が原因とされていたけど、これも「女性蔑視」という本丸を無視したミスリードだと思う。この誤認により「学校で男女合同で月経について学ばせる」ということが解決策としてたびたび見出だされるが、そもそもたかが緊急時の生理用品の配布のために、何故女性側が身体情報というプライバシーの部分を男に提供しなければならないのだろう。マイノリティの不当な扱いを是正するのにマジョリティの「理解」が必要というのは可笑しいし、そんなことをわざわざしてやらなくとも男側に彼らの不当性をきっぱりと突きつけてやれば良いのだ。

そして、私が最も懸念しているところはここなのだが、普通に考えて「女」への精神的・物理的な暴力が蔓延る社会で、女性の身体情報が男側に開示されることはより危険な事ではないのか?スナッフフィルムなんてものをつくって女への虐待を楽しんでいる国だ。月経の知識を得たくらいで男側の配慮が生まれるとは到底思えない。むしろ現実は女性の身体情報がヘイトに利用されて終わりだろう。男女の非対称が横たわる社会では、「無知」に焦点を当てたところで男による「女の身体」への支配と管理がより強力なものになるだけなのだ。教育ぐるみで女子生徒にセクハラをしている暇があったら、男向けのポルノや性差別表現を徹底廃止した方がよっぽど「女」と「女の身体」への蔑視に対する対抗になるだろう。

 

 

|01:48| ジェンダー | - | - | posted by 野ばら
| 1/2 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.